Loading...

MEO対策

無料で始められるMEO対策!Googleマイビジネスの登録方法

無料で始められるMEO対策!Googleマイビジネスの登録方法

Googleアカウントを用意する

Googleアカウント

Googleマイビジネスへ登録を行なうには、Googleアカウントが必要です。アカウントをお持ちでない方は、Googleアカウントの登録・取得を先に行いましょう。

【Googleアカウント作成】https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

店舗・施設を新規登録する

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスの登録画面から、店舗・施設の登録を行います。先程作成したGoogleアカウントでログイン後、上から順に情報を入力していきます。

【Googleマイビジネス】https://www.google.co.jp/intl/ja/business/

「ビジネス名」を入力する

Googleマイビジネス

ビジネス名には「株式会社〇〇」「居酒屋〇〇」といった会社名・店舗名のみを正確に入力します。多店舗経営の場合は「居酒屋〇〇 〇〇店」と店舗名まで明記した方が効果的です。

※ビジネス名を入力した際にプルダウンで会社名・店舗名と住所等が表示される場合、Googleによって店舗・施設情報が自動生成されているか、既に誰かがGoogleマイビジネスにおいて「オーナー確認」を済ませている可能性があります。その場合は表示された名称を選択して次へ進み、アクセスに関するリクエストを送ってください。

店舗やオフィスなど、ユーザーが訪れる場所を追加しますか?にチェックを入れる

Googleマイビジネス

店舗やオフィスがある場合は、「はい」にチェックを入れます。

住所を入力する

Googleマイビジネス

GoogleMapに正しく表示されるよう、建物の階数など詳細まで正確に入力します。

Googleマイビジネス

候補が出てきたら「はい」にチェックを入れます。出てきた候補に該当しなかった場合は「一致しません」にチェックを入れて「ビジネス拠点以外の地域でもサービスを提供していますか」に進みます。

Googleマイビジネス

候補が出てきて「はい」にチェックを入れた場合、オーナー確認はすでに完了している状態です。必要であれば、アクセスに関するリクエストを行います。

ビジネス拠点以外の地域でもサービスを提供していますか?にチェックを入れる

Googleマイビジネス

「はい」の場合は次の、サービスの提供地域を指定します。
「いいえ」の場合は「ビジネスの説明に最も最適なカテゴリーを指定する」に進みます。

Googleマイビジネス
Googleマイビジネス

ビジネスの説明として最も的確なカテゴリを指定する

Googleマイビジネス

ユーザーに表示する連絡先の詳細を入力する

Googleマイビジネス

情報は正確に入力します。

常に最新情報を入手にチェックを入れる

Googleマイビジネス

最後に

Googleマイビジネス

全ての入力が完了したので「終了」をクリックします。
以上で、Googleマイビジネスの登録が終わりになります。これにより、Googleマイビジネスを利用することができるようになりました。

ログインして詳しい情報を入力する

Googleマイビジネスで店舗・施設の詳細情報を入力

MEOで上位表示させるには、Googleマイビジネスの情報を充実させると効果的です。特にユーザーが必要とする情報は記載漏れがないようにしましょう。

Googleマイビジネス

店舗・施設の営業時間と定休日

店舗・施設の営業時間を登録すると、検索結果に営業中・定休日の情報が表示されます。この情報を元に検索ユーザーは来店・電話問い合わせなどをすることになるため、正しい情報を入力しましょう。

サービスのアイテム

提供するサービスの種類やカテゴリなどの属性を登録して、店舗・施設のサービスをユーザーに知ってもらいましょう。

Googleマイビジネス

ビジネス情報

ユーザーに訴求する店舗・施設の詳細情報です。最大750文字まで入力できます。店舗・施設の特徴やサービスの強みなど、できるだけ詳しくユーザーに訴求しましょう。SEO対策と同様に、検索キーワードや関連語、連想語、共起語などを含めることも重要です。

開業日

ビジネスを開業した日付を入力します。

写真・動画

店舗・施設の外観や室内の写真、ロゴ、商品、スタッフなど、できるだけ多くの魅力的な写真や動画を掲載します。登録した画像が検索結果に表示されることにより、店舗・施設へのイメージが明確となり、来店につながる要因を高めます。

ユーザーとコミュニケーションを取る

GoogleMapの検索順位には、ユーザーからの口コミ情報が大きく影響します。

Googleマイビジネス

MEO対策では、ユーザーの口コミの件数と評価の高さを、重要な評価指標と捉えています。Googleは多くの人から評価される店舗・施設は、検索したユーザーに対して情報提供すべき重要コンテンツと判断します。そのため、できるだけ多く口コミを集めることが大切です。
しかし、口コミは放っておいても集まるものではありません。来店してくれたユーザーや、商品を購入してくれたユーザーに対し、口コミをしてもらえるよう、チラシやメールなどのいろいろな手段を使ってアピールするのも1つの方法です。店舗を利用したお客さまに口コミをお願いするのも、今後重要となっていきます。

しかし、口コミを増やすための施策として、業者に依頼して人工的に高評価を付けてもらうのは、ガイドラインに反しますのでご注意ください。

まとめ

Googleマイビジネスの登録がMEO対策の第一歩です。Googleマイビジネスは2014年から始まったサービスなので、まだ気がついていない店舗・施設、企業も少なくはありません。少しでも差別化を図るには、早めに開始されることをお勧めいたします。

弊社では、Googleマイビジネスの登録から、Googleマップ上位表示までを一貫して代行することが可能です。無料相談にも対応しておりますので、是非一度ご相談ください。

MEO対策のご相談・お見積りはこちらから

CONTACT

お気軽にご連絡ください。
ご相談内容に応じた適切なご提案をさせて頂きます。