Loading...

MEO対策

MEO対策で検索順位&集客をUP!メリットとすぐできる対策

MEO対策で検索順位&集客をUP!メリットとすぐできる対策

MEO対策とは?

MEOとはMap Engine Optimization の略で「マップエンジンの最適化」を意味します。MEO対策とは、Google検索やGoogleMap内検索において「地域名+業種名」など店舗名を名指ししない検索をしたときに、自店舗・施設に最適なキーワードで上位表示するための対策です。SEO対策と同じく、上位に表示されるほど見られる回数も多くなります。

MEOは、SEO対策やリスティングといった従来のWEB広告に比べて集客の費用対効果が高く、来店型ビジネスの集客には非常に有効です。

Google検索で「地域名×業種」などのキーワードで検索

Google検索で「地域名×業種」などのキーワードで検索

MEO対策では、Google検索結果で表示されるGoogleMapの上位表示を狙います。このGoogleマップの検索結果を表示する部分を「ローカルパック」とよぶため、海外ではMEOのことを「ローカルSEO」といいます。

MEO対策のメリット

SEO対策より即効性があり、検索上位を狙える

SEOとは…Search Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」を意味します。検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整することを示します。(Wikipediaより

SEOは昔からある手法で、各社がしのぎを削ってきた現在は競争が激化しており、新規参入で検索の上位表示をさせるのは大変難しく莫大な費用がかかります。一方、MEOはここ数年で注目され始めた手法なので、競合もまだそれほどいません。そのためSEO対策を行うよりもコストパフォーマンスが高く、集客力の向上が期待できます

MEOの検索結果のエリア説明

SEOの検索結果よりもMEOの検索結果の方が上位に表示されるため、ユーザーの目に止まりやすくなり、クリック率も高くなります。Google検索結果で1位にあるサイトのクリック率は21.12%と言われています。つまりMEO対策により、Googleマップで上位表示すれば、21.12%の確率でクリックしてもらえる可能性があります。

Googleの調査結果では、ローカル検索からお店を探している人の41%が検索を行ってから24時間以内に店舗・施設を訪問しています。

しっかりとMEO対策を行っている企業が少ないため、競合と差をつけやすい

ライバルが少ないため、先にMEO対策に取り組めばそれだけで上位表示できる優位性があります。SEO対策ほど費用と労力をかけずに検索上位を狙える、今が最大のチャンスです。

地域ビジネスの集客に役立つ

GoogleMap検索画像

通常検索では全国のライバルを相手にする必要がありますが、ローカル検索は自社サービスが存在する場所の周辺地域だけにライバルが限られます。Googleの口コミサービスであったり、電話番号、Googleマップ上に所在地などを表示させられるので、そこからルート検索による店舗への誘導に関する強い訴求効果も期待できます。

MEO対策は無料で始められる

Googleマップ上に自店舗を表示させるための手続きは「Googleマイビジネス」から行うことが可能です。Googleアカウントを作成して、以下のURLから店舗・施設の登録手続きを行ってください。ちなみに、Googleアカウントの作成も店舗・施設の登録も全て無料で行えます。

MEO対策のご相談・お見積りはこちらから

無料ですぐ始められるMEO対策

Googleマイビジネスへの登録・オーナー確認

まずは、ご自身の店舗・施設がGoogleMapにGoogleマイビジネスとして登録されているかを確認します。Googleマイビジネスは、ご自身が登録していなくても、Google独自の情報を基に、Googleが自動的に登録作業を進めている場合もあります。新規開業の店舗・施設ではない限り、登録されているケースがほとんどですので、まずは登録されているかどうかを確認するようにしましょう。

Googleマイビジネスへの登録・オーナー確認

自店舗・施設がGoogleマイビジネスに登録されているかを確認するには、まずWebブラウザもしくはアプリでGoogleMapを開いて下さい。
GoogleMap内の検索で、店舗・施設の“屋号名”を検索して自店舗・施設が表示されれば登録されています。登録されていない場合には、マップで「○○」は見つかりませんでしたと表示されます。その場合は、Googleマイビジネスへ登録を行ってください。

ビジネスオーナー登録の方法は以下のとおりです。

ビジネスオーナー登録の方法
  • ①「このビジネスのオーナーですか?」というリンクをクリック
  • ②「このビジネスを管理する権限を持っており、利用規約に同意します」にチェックを入れる
  • ③「続行」をクリック
  • ④「確認コード」を受け取る
    「確認コード」は電話やハガキによる認証を行っています。
  • ⑤Googleマイビジネスの管理画面の左側にある「オーナー確認を行う」をクリック
  • ⑥先ほど受け取った「確認コード」を入力し、「送信」をクリック

マイビジネス情報を最適化

  • ・店名(ビジネス名)には地名やキャッチコピーを含めない
  • ・ビジネスの住所は省略せず、正式なものを入力する
  • ・営業時間や定休日は正しく入力する
  • ・業種(カテゴリー)は正しく選択する
  • ・飲食店以外でもメニューを入力する
  • ・Webサイトと電話番号を入力する
  • ・写真はロゴや室内、商品の写真などを登録する

ユーザーとのコミュニケーション

Googleマイビジネスでは、ユーザーとのコミュニケーションが図れます。検索結果画面上で各ビジネス情報をスクロールしていくと、下部にユーザーから投稿された口コミが表示されます。この口コミには返事ができるので、投稿された口コミには積極的に返信していきましょう。この口コミの数と評価もGoogleマップ上での掲載順位に影響します。
ここで安易に業者などに依頼して、人工的に高評価の口コミを増やすことはガイドラインに反するので止めましょう。GoogleのアルゴリズムはそういったブラックなMEO対策を必ず見抜きます。しかし、実際に会社・店舗へ訪れたお客様にお願いをして口コミを増やしていく試みはNGではありません。その際、「高評価」をお願いするのではなく、ユーザビリティ向上の為の正しい評価と感想の口コミ投稿をお願いしましょう。

まとめ

MEO対策は、2014年のGoogleのヴェニスアップデートやGoogleマイビジネスのサービス開始の影響により始まった比較的新しいサービスで、店舗集客においては非常に有効な手段です。
2000年代初頭から各社しのぎを削ってきたSEO対策やリスティング広告の出稿に比べて新しい手法なためまだ競合が少ない状態ですが、将来確実に注目を浴びると考えられます。MEO対策を検討されるのであれば、なるべく早めに行うことをお勧めいたします。

弊社では、Googleマイビジネスの登録から、Googleマップ上位表示までを一貫して代行することが可能です。MEO対策をしたいけれど、どうすれば良いのかわからない、MEO対策をする時間がなく、そこに人手は避けないという企業様や店舗様は、是非一度弊社にご相談ください。無料相談にも対応しておりますので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

MEO対策のご相談・お見積りはこちらから

CONTACT

お気軽にご連絡ください。
ご相談内容に応じた適切なご提案をさせて頂きます。